被リンクの上手な使い方

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 被リンクの上手な使い方
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

被リンクについては、いろいろと実験をしてみたが、やはり、使い方は工夫しなくてはならない。

どうやら、googleではドメインのwhois情報を見ているようだ。なので、SEO業者で同じWHOISで表示されるオーナーのIP分散とかを用意している場合には、あまり効果がないようだ。

しかし、サイトの立ち上げの時点では、まだ、インターネットの砂漠のど真ん中でどことも道が開通していないときには、最初の道を作るのに利用してみると良いと思う。ただ、sitemap.xmlをgoogleに登録すれば最近は、ロボットは普通に来てくれるので、最近は必要がないのかもしれない。

SEO業界もここのところで激変しているようだ。昔は、自社のサイトにロボットを誘導するのが大変だったり、いろいろとサーチエンジンの至らないところを保管するという意味で、SEO対策は弱者の味方だった。

だが、その辺の事情も最近は変わりつつあるので、新しいSEOのやり方を考えなくてはならない。

「被リンクを買う」ということ

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「被リンクを買う」ということ
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

弊社は割と、素直にgoogleやtwitterなどを利用するときに規約に対して紳士にふるまうのだが、これも、紳士過ぎるとよくないようだ。

表現があいまいすぎる

「被リンクを買う」と言う表現があるが、なんとも、これが良くない表現だ。これを否定してしまったら、webの広告は全部ダメになる。

しかも、前の記事で書いたが、しっかりとしたコンテンツを作っても、最初に検索エンジンが評価してくれなかったら人がこないので、自然なリンクなんて現実には発生しようがない。

やはり、立ち上げの段階では、ある程度の被リンク対策はやっておいた方が良いと思う。

最近は、一回払いのサイトのリンク付き紹介のサービスがあるが、これは、あからさまにわけの分からないスパム形式でなければやっておいた方が良いのではないかと思う。

仮に被リンクでスパムになって、リンクされたサイトの順位が落ちるとしたら、むしろ、そういうサイトを作れば、競合企業に対して順位を意図的に落とすための武器に使われ兼ねないので、被リンクを受けている方がペナルティーを受けることはないと思う。

一回払いで行ってくれるサービスが増えている

以前は、seo対策は、月額での費用が発生するところがほとんどだったが、最近は、一回払いのリンク付き、分散IPでドメインもそれぞれ違うものが増えてきている。

一回払いであれば、かなり、費用対効果は正直良いとおもう。しかも、自分でリンクを用意するよりも安い。

むしろ、広告費をかけるようであれば、こちらの被リンク付きの紹介をしてもらう方がはっきり言って良いと思う。

ただし、今のseo対策は、コンテンツと被リンクと両方がなければダメ。コンテンツがない場合は、やはり、上位にもっていくのは結構厳しいと思う。

コンテンツで差をつけるseo対策の落とし穴

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コンテンツで差をつけるseo対策の落とし穴
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

最近は、しっかりとした質と量のコンテンツを用意する、コンテンツ指向のseo対策がはやってきている。

この方法は、コンテンツ作成者も、googleなどの検索エンジンも、検索者もみんなに良いので今後の主流になっていくだろう。

そして、魅力あるコンテンツが作れる人間がいるということは、きちんとした商品が作れているということにもつながっていくとおもうので、単なる被リンクのみのseoしか出来ないようなところはフィルタリングされていく仕組みになっていく。

本当にコンテンツを作るだけで大丈夫か?

それは、はっきり言ってNOである。やはり、ある程度の被リンクがないと、検索ボリュームがあるキーワードに上位で表示されてくれない。

また、被リンクがないと、弊社で実際にやってみた結果だが、トップページからのリンク距離があるコンテンツのキーワードが効いてこない。

被リンクがある程度ないと、「足切り」状態にあってしまうので、最低でも200ドメインくらいの被リンクは、若干無理やりにでも準備したほうが良いと個人的には思う。

ただ、それ以上の被リンクは用意する必要は、現在の調査ではあまりなさそうな気もする。なぜならば、今の被リンクで弊社のさいとも結構検索ボリュームがあるところからも引っかかりだしている。

弊社のサイトよりも下位のサイトの方が被リンクが多いことも結構多いことから考えると、一定数以上の被リンク(たとえ有効なもの)があっても、評価されていないようである。

どのくらいの被リンクが必要か?

おそらく、上位表示をするのに必要な被リンクは、キーワードの検索回数によって違うように思える。

検索回数が少ないニッチなキーワードは、被リンクによる評価よりも圧倒的に内部のコンテンツ評価で順位が決まっているのは明らかだ。

一方、検索回数が多いキーワードは被リンクをつけていくだけで、コンテンツはそのままでも上位表示されることから、もっとたくさんの被リンクが必要ということになると思う。

今後、コンテンツベースのseo対策をいろいろと研究していきたい。弊社の場合、少ないコンテンツでのseo対策は研究課題から捨てて、コンテンツが用意されている上で、どのように被リンクを利用したら上位に表示されるかに絞って今後、追求していきたい。

頑張らない仕組みが大事な時代

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 頑張らない仕組みが大事な時代
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

インターネットのビジネスで、小資本の企業が勝つためには、スキルに加えて、時間も投資要因にしていかなくてはならい。

すなわち、「継続する」ということが非常に大事になってくる。

この、「継続する」という活動は、非常に難易度が高い。これが出きるようにすることも、一つの大きなスキルといって差し支えがないのではないだろうか。

twitterとブログを始めたりしたときには、大体3ヶ月くらいの我慢の期間が必要だ。その理由としては、

  • twitterはフォロワーがある程度つかないと、なかなか相手に情報発信者として認知されにくい(フォロワー数でフィルターをかけて内容を読んでもらえない)
  • ブログは、seo対策がメインな集客方法になるが、記事をたくさん書いても、アクセスが多いキーワードでの対策は3荷月くらい必要

というものになる。

なので、ここは、気合を入れるよりも、一定のクオリティーを保ちながら、楽に続けられる仕組みが必要である。

あまりに気合を入れすぎてしまうと、1ヶ月くらいは続くかもしれないが、それ以降は続かない。ぱたっと更新が止まってしまうことがほとんどだ。

なので、こういうサイトは、むしろ、どのように普段の生活の中から自然に記事を発生させるかという工夫の方が大事だ。

twitterを活用する

twitterは、書く文字数がそんなに大したことがないので、気軽にかける。そのなかで、ネタとしてかける内容があったら、自分のつぶやきをお気に入りに入れておけばかける。

事例などの解説が出来るコンテンツを用意する

このブログでも、後々にやろうと思っているが、一つのコンテンツを書いて、それを違った見かたや現実の場合はどうかなどの解説をしていくと、記事のクオリティーも上がるし、継続することも出来る。

カバーするコンテンツの範囲を広げる

ブログとコンテンツが、ある種の話題に特化することは良いことだが、それだと書く内容が減ってしまう。

なので、ある程度、ブログがカバーするコンテンツを広げてみるのも良い。そうすると、自然に考えていることをブログに取り込み安くなる。

 

「つまらないこと」を強制的におもしろく感じる技術

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「つまらないこと」を強制的におもしろく感じる技術
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

実は、このブログも、一部の人からはすごく褒めてもらえるものの、アクセスに若干伸び悩んでいる。理由は実は、分かっている。「つまらない人にはつまらないから」だ。

このブログのテーマはecサイトを成功させるための勉強だ。「勉強」は、とにかくつまらない。とくに、「基礎的な内容」になればなるほどつまらない。

だが、現実には、子供のころから「基礎的な内容」をねちねちと飽きもせずに勉強してきた人間が良い成績を取っている。

この傾向は、大人になってもまだまだ続く。そして、つまらない基礎的なことでも、ねちねちとやれる人は、どんどん結果を出して、格差がどんどんついていく。

これはたまったものではない。これを打開する方法はないのか?実はある。

それは、「つまらないことを強制的におもしろく感じる技術」を身につけることである。

そもそも、「つまらない」のはなぜか、また、どういうときに人は「つまらない」と感じるのか。そこに向き合うべきである。

人が、つまらないと感じるのは、おもしろくない時である。興味がないときである。そして、どのようなことに興味を持つかといえば、自分の目標の足しになるものであれば、おもしろく感じるはずだ。

このブログは基礎的なことを書いてあるが、おそらく、大部分の人がつまらないと感じているはずだ。だが、次のような目標は持っているのではないだろうか?

  • 自分で運営しているネットショップの売上を上げたい
  • 今は雇用されているが、独立出きるだけのスキルを身につけたい。なかでも、売る技術は必須なので身につけたい
  • アフィリエイトなどの副業にトライしてみたい

そういう方であれば、きっとこのブログに興味を持ってもらえると思います!

と、思ったのですが、基礎的な内容はあまりにも現実とかけはなれているのでつまらなく感じるようです。

そういうときに、強制的につまらないのを解消する方法としては、とりあえず、「リアルに困る」ことが必要です。

真剣に目標を持っているものの、まだ、いろいろと試していないので、現実にいろいろと始めたときに、「何に対して困るか?」がピンとこないのではないでしょうか?

このブログをおもしろいと感じてくれた数少ない方々は、実際にアフィリエイトでも販売の仕事でも、何らかの「売る」と言う活動をして困った経験がある人だという傾向があります。

まずは、自分が「現実を思い知らされて困るだろう」という経験をしてみてください。と言いますか、積極的にそういう経験が出来るようなことを実際に始めてみましょう。

そして、実際に困れば、いつの日か、このブログが楽しいと感じてくれる日がくると思います。(と信じています)

なぜ、「人」をマスコットにすると覚えやすいか

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - なぜ、「人」をマスコットにすると覚えやすいか
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

人をマスコットやイメージキャラクターにして覚えてもらうという戦略は、とても多くのところで使われています。

しかし、なぜ、人をイメージキャラクターにすると覚えやすいのでしょうか?

人は、ものごとを認知するときに、まわりの類似する概念とセットにすることによって新しい概念の位置づけを決定することが出来ます。ですから、それに近い概念があるものは覚えやすく、ないものは聞いても良く分からず、退屈な授業を聞いているのと同じ状態になってしまいます。

たとえば、車が好きな人は、たくさんの車の種類を知っていて、ちょっとした違いで違うものがあってもすぐに覚えられます。

動物が好きな人は、たくさんの動物を既に知っていて、新しい動物が出てきたときも、既に知っているどの動物に近いかすぐ分かるので覚えるのが早いです。

そして、誰もが、もっともいろいろな種類を知っているもの、それが人間です。

学校にいけば、たくさんに種類の人間を覚えなくてはいけません。普段学校に通っていて、1ヶ月もすればクラスの中の人間や、体育で一緒になる隣のクラスの人間を覚えます。

職場で働けば、自社の部署の人間と、取引先の人を覚えます。

人は、知らず知らずのうちにたくさんの種類の人間を覚えてその概念が頭の中にあるので、近いタイプの人間の概念と結びつけて覚えるのが実は得意なのです。

まずは、人を認知させることによって、認知の足がかりができます。

次は、商品を覚えてもらうための工夫が必要です。人間はみんな、「誰かに何かを紹介された」という経験があります。ですから、「知っている人が自分に何かを紹介する」という概念をすでに持っていて、そのときには、反射的に紹介されたものを認知しようとします。

この仕組みを利用して、人を足がかりとして認知させ、その人に紹介させることによって商品を認知しようという行動を人にある意味、強制的にとらせるのです。

ですから、ブログやコンテンツを書くときは、まず、「どういう人が書いているのか?」をちょっと強調してみると良いと思います。

まずは、人を認知してもらえれば、ブログの場合は、紹介はあとでいくらでも出来ますから、最初のステップに絞ることによってだいぶ、ブログのリピートアクセスも、徐々にではありますが増えると思います。

小冊子戦略に向く商品と向かない商品

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小冊子戦略に向く商品と向かない商品
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

よく、インタレストマッチなどの広告からランディングページにつなげ、小冊子などをプレゼントするという戦略が展開されている。

ちなみに、弊社もやってみたが、全然だめでした。

小冊子戦略に向く商品と向かない商品があるので、その辺を見極めて戦略を打つことが大事だと思います。

やはり、「欲しくないものは無料でもいらない」というのが現実で、その「欲しい」という気持ちもいろいろと種類があるので、その辺をきっちり理解しておかないといけない。

小冊子に向くのは「この情報さえあれば!」という内容

小冊子に向くのは、「この情報さえあれば、あとは、もう、楽に悩みを解決できる」というような内容のものである必要があります。

少しずつ、着実に何かを変えていくようなまじめな内容は小冊子には向きません。いわゆる「情報商材」と言われるような、情報自体がそのまま売れる(価値があるかは別にして)という内容でなければかなり小冊子は厳しいです。

「この情報なら、お金を払ってでも聞きたい人がいるだろう」という内容でなければ成立しないので、もし、成立すると思ったらチャレンジしてみるというスタンスで行くと、無駄に小冊子をそろえる必要もなくなると思います。

地に足をついて着実に努力をしたがる客層が相手の商材には向かない

小冊子というと、まじめに勉強をすることが好きな努力家の顧客をターゲットにしたときによさそうな感覚を受けますが、以外にもそういう顧客をターゲットにするとうまく行かないときが多々あります。

そのような顧客は、普段からしっかりと勉強しているので、非常に目が肥えているというのが理由の一つとしてあります。そして、彼らは、もうすでに自分が悩みを解決するための方法をきちんと自力で考えているため、情報が欲しいのではなく、商品が欲しいのです。

もちろん、そのような顧客はどのような商品やサービスが必要かを判断するために情報収集をすることは当然ありますが、そのようなときには、書店に行って本を読んだり、ブログなどの公開されている記事などをじっくりたくさん読んだりします。

ですから、「これさえ読めば一発でお悩み解消」というスタイルには持ち込むことが難しいのです。

小冊子がなくても、公開記事でも囲い込みは出来る

確かに、顧客に何か申し込みをしてもらって、こちらから情報発信が出来るようになることは有利な事です。

しかし、それがなければ顧客の囲い込みが出来ないわけではありません。最近では、RSSやtwitterなど、顧客が気軽に情報を受け入れる手段がたくさんあります。

最近は、このような小冊子戦術も普及してきているので、若干うさんくさいというか抵抗感を感じてしまうことも多々あります。だからこそ、決定的な理由がない限り、顧客は申し込まないのです。

もしかしたら、無料の小冊子の申し込みをしてもらうのは、商品を買ってもらうよりはハードルが低いとは言われますが、商品が高額商品でない限りは、そこまで大したハードルの高さの違いはないようにも思えます。

むしろ、公開記事にしておいて、抵抗なくtwitterなどでフォローしてもらって、何回も情報に接触し、気に入ったら買ってもらうというスタイルの方が、今は受けが良いのかもしれません。

現在はppcのクリック数に獲得フォロワー数が比例

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現在はppcのクリック数に獲得フォロワー数が比例
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

今のところ、seo対策はまだ、うまく行っていない。というか、どうやら検索ボリュームが多いようなところにヒットするには、時間がもうちょっとかかるようだ。

現状では、インタレストマッチ広告で、このブログを宣伝しているが、結構、インタレストマッチでのクリック数とtwitterの新規のフォロワー数が比例している。

これは、経験として良い経験だと思う。うちのようなB2B向けのコンテンツでは、フォローしてくれる人が結構、広告からきてくれる。

おそらく、悩みが深かったり、顧客が欲求を満たすために真剣であればあるほど、広告からフォロワーを増やす作戦はうまく行くと思う。

やはり、インタレストマッチは、顧客のアクセスをつかんでおかないとなかなか売り上げに結び付けるのは難しそうだ。そういう意味で難しい広告ではあるが、そうすると、この広告に入札する競合が、アクセスをキープする仕組みを持っているところに限られてくるので、あまり激戦区にはならなさそうだ。

販売手法において参入障壁を持っておくのも、今後、ビジネスを成功させるためには非常に役に立つと思う。

製品の技術で参入障壁を作り、販売方法で参入障壁をもう一つ作れればかなり経営としては中長期的に安定すると思う。

我欲を捨てた広告用の集客コンテンツのPPC広告上のメリット

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 我欲を捨てた広告用の集客コンテンツのPPC広告上のメリット
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

(売りたいという)我欲を捨てたコンテンツは、非常に顧客の欲求に直結する内容になります。

だから、雑誌やWebメディアでも記事はみんなが読んでくれて、広告と認識されてしまうとみんなが読んでくれる率が減ってしまうのです。

しかし、たとえ、広告であっても、顧客の欲求に直接響くものは見てもらうことが出来ます。そう考えると、そういう広告は少ないという現実から、いかに(売りたいという)我欲と顧客の欲求に響く内容の共存が難しいかが分かります。

ところで、クリック課金型の広告は、クリック率が高ければ、ビックリするくらい安く広告が出せます。下手をすると、半分どころではなく、半分や3分の1もありえます。

クリック率に対してクリック課金型広告は非常にシビアですが、クリック率が高い優等生にはかなりやさしいという性質を持っています。

そういう性質を考えると、我欲を捨てたコンテンツを用意しておくと非常に役に立ちます。我欲を捨てたコンテンツの紹介は、当然、我欲を捨てた内容になります。なので、非常にクリック率が高くなります。

そうすると、高いクリック単価でたまにクリックされるより、安いクリック単価でたくさん誘導できるので、とても費用対効果が良く集客出来ます。

「集客した後が問題では?」とおもうかもしれません。

しかし、我欲を捨てたコンテンツは、リンクを貼ってもらったり、twitterなどで紹介されたりすることも多くなります。我欲を捨てたコンテンツには、しっかりとtwitterのアカウントをフォローしてもらえるように、一番わかりやすいところに「follow me」ボタンをつけておきましょう。

そうすれば、相互フォローが目的で無理やりフォローしてもらった人ではなく、こちらに好意を持ってフォローしてくれる人が集まるので、口コミも発生し安くなります。

また、我欲を捨てたコンテンツには、「運営者情報」が必要です。どんな会社が運営しているのかしっかり書きましょう。

そして、ECサイトを運営していたら、「こんなショップを運営しているので、こんなに詳しいんです。こちらも見てください」とショップを紹介しましょう。

きっと、徐々に我欲も満たされていくようになっていくとおもいます。

サブドメインでのブログは、本社サイトseoに有効

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サブドメインでのブログは、本社サイトseoに有効
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

前にも書いたが、うちのサイトは、

  • www.open-ec.jp がコーポレイトサイト
  • book.open-ec.jp がecサイト経営の教科書

になっている。

今は、ブログの方を精力的に書いているのだが、どうも、ブログを始めてから本社サイトのほうのseo対策の結果がかなり良くなってきている。

なにせ、ロングテールでの引っかかりかたが、明らかに違ってきている。ちなみに、

このブログを始めたのは、11月19日で、今日は11月24日。もうちょっとで1週間というところだ。

最初、このブログを始めるときには、他のアメブロやはてなや楽天、Yahoo、fc2などのどれかの外部ブログを利用するかどうか悩んだ。そのほうが、ランキングなど、ブログのアクセスをサポートする機能があるからだ。

だが、今回は

  • サブドメインに被リンクをたくさん得て、そこからコーポレイトサイトにリンクすれば効果的なseoになるのではないかと考えた
  • ブログ部分と、教科書コンテンツの2種類のコンテンツが必要なのでシステムのカスタマイズの必要性を感じていた

と言う理由でサブドメインでのブログを選んだ。

そうしたら、見事seo対策に関しては予想が当たった形となったが、この方法は本当におすすめです。

ブログサイトは、被リンクを得るのがすごく簡単だし、twitterなどとの連携が非常にやりやすいです。それがまた、被リンクを得やすい理由に好循環となっていると思います。

サブドメインでのブログは、seo対策におすすめです。